レース展望&出場予定選手

やよい第1戦
3/8水 9木 10金 11土 12日
G1近畿地区選を走ったばかりの石田政吾が地の利を生かす!
 2015年は2度の地元Vを数えた石田政吾が昨年は地元戦でVゼロ。ただ、全国では昨年も13優出(V2)と変わらぬ安定感だった。2月のG1近畿地区選を走って1カ月と経たないうちの地元戦は明らかに有利だろう。ここ当地で昨年12月に優勝したばかりの磯部誠は昨年V3そして、今期勝率7.02と今回メンバーで唯一の勝率7点台をキープ。石田に迫る一番手だ。
 2017年前期勝率7.18の川上剛は今期6.59と少し調子を落としているが、昨年は15優出(V1)だった。2015年7月のSGオーシャンカップ以来と当地は久しぶりだが、底力でV争いに割って入るだろう。あと、妹尾忠幸竹田辰也が昨年V3。A1に帰り咲き、今期も勝率6.78と復調している榎幸司も好勝負だ。
  • 3635
    福井
    石田政吾
  • 4586
    愛知
    磯部誠
  • 4189
    福岡
    川上剛
  • 4089
    岡山
    妹尾忠幸
4239
山口
竹田辰也
昨年V3で2017年前期勝率は6.80!
 2017年前期勝率6.80、昨年10優出V3。2016年は竹田にとってキャリアハイの「いい年」だった。デビュー7期目に初A級(A2)を決めたが、A1は27期目の前期に遅ればせながら決めたばかりで約23年を要している。そんな竹田の師匠はペラ巧者の原田篤志。イロハを学んだ成果が結果に結びついたようだ。ただ、今期は現在勝率5.80と足踏みしており、今回がA1キープの正念場になるだろう。
当地過去3節成績
2016/11 一般 13323516
2015/12 一般 35F
2014/4 一般 334225
※数字は2/6現在のものです。
ページトップ