レース展望&出場予定選手

坂井市制11周年記念
3/18土 19日 20月・祝 21火 22水 23木
SGクラシックの裏で平石和男が三国初Vにチャレンジ!
 今春のSGクラシックの出場権が取れなかった平石和男がクラシックの裏で三国に登場。当地は準優4着に終わった2015年9月の一般戦以来で実はまだVがない水面。今回のメンバーでは、きっちりVを手にしたいところだ。
 そんな格上・平石の前に立ちはだかるのは野長瀬正孝渡邉英児の静岡コンビだろう。野長瀬は2015年12月に当地Vがあり、渡邉は昨年13優出V2と変わらない堅実さを見せ、今期勝率も野長瀬が6.98、渡邉が6.76と平石の6.77を上回っている。
 今期勝率7.10でA1返り咲きが当確ムードの白水勝也は当地前回(2016年4月)が9戦7勝2着で優勝。地元の室田泰史も今期6.84でA1返り咲きへ足場を固めている。
  • 3251
    埼玉
    平石和男
  • 3327
    静岡
    野長瀬正孝
  • 3502
    静岡
    渡邉英児
  • 3576
    福岡
    白水勝也
3717
岡山
立間充宏
A級返り咲きへ勝率稼ぎだ
 2016年後期まで安定した走りでA級を36期に渡ってキープしていたが、2017年前期はA級を守ることができずB級落ちを喫してしまった。ただ、出走回数がA2に7走足らなかっただけで勝率は5.51を残している。A級返り咲きを期す今期ここまでの勝率は5.31。今期の残りも1カ月と少しとなり、女子のトップレーサー・寺田千恵を妻に持つ岡山でも指折りのペラ巧者が底力を見せる。
当地過去3節成績
2015/9 一般 243615
2014/10 一般 1163114
2013/11 一般 66
※数字は2/16現在のものです。
ページトップ