レース展望&出場予定選手

新東通信杯
11/22水 23木・祝 24金 25土 26日
松田祐季の地元Vを阻むのは?
 地元の今垣光太郎が裏開催となるSGチャレンジカップ(下関)へ出場が決まり、松田祐季に優勝の期待がかかる。松田は今年V3のうちV2が地元戦で、そのうちの一つは盆レースだった。年末のSGグランプリシリーズに出場するためには、今節で少しでも賞金を上積みしたいところだ。
 松田に真っ向勝負を挑むのが、今年7優出V5と勝負強さを誇る松村敏。1年半前だが当地は前回戦V。今回も好勝負は必至だ。
 他にも優勝こそ2回ながら今年12優出と変わらぬ安定感を見せている芝田浩治、6月に江戸川周年でG1初Vを飾った土屋智則、2018年前期適用勝率7点台をキープして復調ムードの馬場貴也と、実力派がそろって最後まで目が離せないV争いになりそうだ。
  • 4391
    福井
    松田祐季
  • 4236
    福岡
    松村敏
  • 3484
    兵庫
    芝田浩治
  • 4262
    滋賀
    馬場貴也
4230
埼玉
濱崎直矢
5〜10月の苦戦が気合の源!
 2018年前期審査期間の期末、10月下旬時点で勝率は6.32。期始め5月のフライングで苦戦を強いられたが、デビュー8期目にA級に昇格してから23期連続A級、A1を2期連続とした。ただ、持ち前のパンチ力を考えるとモノ足りない数字に思えるが、まだ34歳。この先の伸びシロはまだまだある年齢だ。「もっとG1に呼んでもらえるように…」と、新期を迎えて目指すのは勝率7点台。今年2度来て準優を外していない当地で、まずは勝率荒稼ぎだ。
当地過去3節成績
2017/5 一般 4411213131
2017/2 一般 33251316
2016/11 一般 21113223
※数字は10/23現在のものです。
ページトップ