水面特性&コース別入着率

水面特性
 九頭竜川河口から現在地に1967年に移転した。小高い丘に囲まれた長方形のプール型水面は、淡水で水の流れはない。夏場は日本海からの「海風」が吹き、冬場はシベリア寒気団からの強い北風が吹く。1年を通じてホーム追い風の日が多い。冬場は安定板を装着してレースをするほど水面が荒れる。追い風が吹くこともあって、インが主導権を握るレースが多くなる。
 インの強さを支えるのは、レースコースのレイアウトも関係している。スタートライン上のコース幅は62mで、住之江の51mと比較するとかなり広い。アウトからスタートをする選手は、コース幅が広いためなかなか1マークにたどりつかない。その間にインが逃げているというパターンだ。
 インが敗れるのは、ターンをした直後に風を受けて流れるケースだ。2、3コースからの差しが決まる。ピットから2マークまで150mと距離があり、コース取りが乱れるようなレースは4、5コースからのまくり差しが決まりやすくなる。いずれにしても6コースは不利。最内を差してバックストレッチで伸ばすしかない。周囲をコンクリート護岸で囲まれている関係で、2マークに引き波が残りやすく、2マークの逆転劇も多い。
 モーターとボートは4月に更新するが、冬場はボートの性能にも注意しておきたい。使用期間が長いこと、冬場は乾燥状態が良くないこともあって性能差が出やすい。悪いボートに当たるとモーターのパワーを引き出せない。なお、1レース、2レース、5レースにシード番組を組んでいる。
コース別入着率
2017/3/1〜5/31
  1着 2着 3着
1コース 54.5 20.3 10.1
2コース 16.8 26.0 18.8
3コース 14.0 21.2 18.5
4コース 9.0 15.7 21.9
5コース 5.0 12.8 17.8
6コース 1.5 4.7 13.6
2016/6/1〜8/31
  1着 2着 3着
1コース 48.0 20.1 10.0
2コース 20.0 20.9 17.3
3コース 15.5 18.4 20.9
4コース 11.6 21.6 21.4
5コース 4.9 14.0 18.2
6コース 0.5 5.5 12.9
2016/9/1〜11/30
  1着 2着 3着
1コース 51.6 18.5 10.9
2コース 16.3 24.6 18.8
3コース 13.9 19.6 20.3
4コース 12.5 21.2 23.0
5コース 5.3 11.7 15.7
6コース 1.3 5.5 12.5
2016/12/1〜2017/2/28
  1着 2着 3着
1コース 50.6 17.7 10.0
2コース 17.4 25.7 19.0
3コース 15.6 21.7 20.6
4コース 12.9 17.9 20.3
5コース 3.6 12.8 19.8
6コース 1.2 5.8 12.2
ページトップ